スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩のライブ




後輩おおしまの誘いで、ライブを観に行きました。4グループが出演していました。



一組目は、『コバケン』というシンガーソングライター。現役大学生だそうで、ずっと下の後輩ということになります。槇原敬之さんを彷彿とさせるような、さわやかなピアノポップでした。音楽の道でやっていくことを心に決めているようで、えらく親近感を覚えました。話してみたかったですが、話せず残念でした。



二組目は、『THE TSUKIGAKIREIDESUNE』。後輩の、まさすけ、かまっく、こんまこによる3ピースバンドです。まさすけの楽曲は、奇をてらったものが多い印象でしたが、バンド名と同名のバラードは、実に美しく、情景が目に浮かぶような楽曲でした。



三組目は、『ソウル・ストーン&Co.』。大阪からやってきた8人編成のバンドで、ホーンが3人もおり、しかも全員女性というのが斬新でした。名前のとおりソウルフルな楽曲の数々を、魅せるステージングで盛り上げてくれました。



トリは、『TRIO the CMYK』。今回のイベントの主催で、後輩おおしまが所属するバンドです。TRIOと言いつつ4人編成なのが変わっています。ドラム以外の3人が曲を作り歌うということのようです。みなさん音楽職人的な感じの方々で、完成度の高いポップスを、完成度の高い演奏で聴かせてくれました。



今回のライブには、サークル時代の仲間がたくさん来ていて、ライブ後に飲みに行きました。社会人をやりつつ音楽活動を続けている人も多く、自分もライブをやりたくなったという人もいたようです。會澤の場合は音楽どっぷりの生活をしているので、特にやりたくなったりはしないですが、曲を作る人間として、自分の楽曲と比較をしたりはしてしまいます。今回のライブを観ながら、會澤はよくも悪くもきれいな曲しか書かないんだなぁと思いました。一般受けするような楽曲を書いている自負はあるのですが、見方によってはつまらないとも言えるのかもしれません。



刺激をいただき、自分の楽曲について見つめ直す良い機会になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。