スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この土日で、被災地の石巻・女川へボランティアへ行ってきました。



何か下心があるのではといぶかしむ人もいたようですが、別にそんなものはありません。震災の日から、自分にも何かできないかということはずっとぼんやりと考えていました。自分は何の被害も受けなかったことに多少の罪悪感を感じている面があって、他人事として日々を過ごしていることに居心地の悪さを感じていました。本当に少額ですが、義捐金・支援金を送ることで気を紛らわせつつ、被災地へは時間がなくて行けないと言い訳をしていました。そんなときに、土日だけで行けるボランティアがあることを知ったので、行ってみることにしました。カッコつけて言うならば、明らかに行ける状況を知りながら行かないのは、自分としては嘘だと思ったのです。



金曜の夜に新宿を出て、土曜の朝に被災地へ入りました。内陸部では、やたらと自衛隊の車を見かける以外は、平常時そのものの姿でした。ところが海岸に近づくと、がれきが積み上がり、家や工場は倒壊し、凄惨な光景が広がっていました。石巻市はもとより、あまり報道されない女川町はさらに悲惨な状況でした。震災から100日が経過しても、まだまだ復興へはほど遠いようでした。

被災地

土曜は女川で、翌日から入居する仮接住宅へ、寝具や生活雑貨の搬入を行いました。良いことなので実名を挙げますが、これらの生活雑貨はほぼすべて、スーパーマーケットの西友から提供されていました。西友の方も現地にいらっしゃっていて、きびきびと指示を出されていました。入居される方も様子を見に来ていて、これならすぐに生活できると喜んでいらっしゃいました。必要な状況できちんとボランティアが現れて作業をするという段取りが確立されていることに感心するとともに、ボランティアという善意の人々に頼らなければ回らないという現実に衝撃を受けました。

仮設住宅

この日は、ちょうど震災から100日目でした。作業が早く終わったこともあり、石巻で行われていた合同慰霊祭に参列することができました。ご冥福をお祈りしたいと思います。




夜は、石巻専修大学の敷地内に用意されたテントでの宿泊でした。敷地内では、『ボランティアのためのボランティア』と称して、雑炊やフランクフルトの炊き出しが行われていました。労働をしたあとの温かい食事は実においしく、ちょっとだけ炊き出しを受ける被災者の気持ちがわかった気がしました。多くの方の善意に支えられて、ボランティアをできる環境が整えられているのは本当にありがたいことです。



日曜は、石巻中心部にある住吉二丁目にて、側溝のヘドロを除去する作業をしました。被災者である住民の方々が総出で迎えてくれました。海岸からは距離がある内陸部ですが、津波が2メートルくらいの高さまで来たそうです。そして、腰くらいまでの高さの水が1週間くらい引かなかったそうです。そんな状況だったので、側溝には油まみれのヘドロがぎっしりと詰まっていました。



住民の皆さんはとても明るくやさしく、ホースを貸してくださったり、トイレを提供してくださったり、さらに飲み物を差し入れてくださったりしました。炎天下の中それなりに大変な作業ではありましたが、そんな住民の皆さんに逆に元気をもらいました。作業ははかどり、通り一本分のヘドロを除去することができました。



行く前は、ボランティアというものを重く考えていたところがありました。実際行ってみると、もちろん悲惨な現実から目をそむけることはできませんが、楽しく作業をすることができたという印象が強いです。被災者の皆さんは意外なほどに明るく、そしてともにボランティアに従事した面々も個性的な人々がそろっていました。



ボランティアをするのは、自分の精神的満足のためという側面が少なからずあると思います。それを偽善だというのなら、それは否定しません。それでも、多少なりとも被災者のためになるのならば、それでいいと思っています。ただ、興味がない人に強要する気はありません。行きたい人が行けばいいと思います。ゴールデンウィーク以後、ボランティアに来る人が激減したとのことですが、それでも募集枠は埋まっていてむしろキャンセル待ちをしなければならなかったりもします。それだけの人が関心を持って取り組んでいるという現実に、まだまだ捨てたもんじゃないと感じます。そして、僕はまたボランティアに行きたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。