スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇に心打たれました!!

20100310225805
かつて、そら祭りというイベントをともに作り上げたゆきに誘われて、はるばる三鷹まで演劇を観に行きました。会場は、三鷹市芸術文化センター星のホールという、250席くらいある立派なところでした。



今だから言えますが、学生演劇とたかをくくり、あまり期待はしていませんでした。ところがどっこい観終えてびっくり、あまりの素晴らしさに興奮し、さっそくこうして筆をしたためている次第です。



舞台はクリスマスのホテル。大吹雪で予約がキャンセルになったところに、立ち往生したバスの乗客たちがやってきます。乗客たちはみな、思い通りにいかない状況に苦しんでいます。そこで起こる騒動の中で、前向きな心を取り戻していきます。



もがきながらも前を向いて進んでいこうとする主人公の姿に心打たれました。『ありのままの自分でいい』『応援している人は必ずいる』『まず身近な人から笑わせていこう(主人公はコメディアンなので)』といったメッセージが胸に響きました。まんまと泣かされてしまいました。



そして、ジャンルは違えど同じ表現者として、いろいろと考えさせられるところがありました。



ナマの舞台演劇を観た経験はあまりありません。高校時代に芸術鑑賞会で、江守徹さんと市原悦子さんのふたり芝居を観たくらいです(これも素晴らしいものでした)。今回、ナマの舞台だからこそ、本気で取り組んでいるからこそ伝わるものを感じました。映画やテレビとはまた違う素晴らしさがありました。今まで、こんな素晴らしいものをなぜ観なかったのかと思うくらいです。大いに刺激になりました。



さらに、エンターテインメントの素晴らしさ、可能性といったことにも思いをはせました。やろうとしていることは同じだと思います。自分がどれほど崇高なものに携わっているかを再認識するとともに、生半可な気持ちではいけないと戒められたような気がしました。



期待よりもはるかに大きなものを手にできた演劇鑑賞でした。フットワークは軽くしておくものですね。



ちなみに今回観に行ったのは、Star Light Stationの『鉱石ラヂヲ』という演劇です。国際基督教大学の学生とOBを中心に、今回のために集まった集団らしいです。
スポンサーサイト
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。