スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にやりたかった仕事

先日、『プロフェッショナル仕事の流儀』という番組で、會澤が本当にやりたかった仕事が取り上げられていました。



スジ屋。鉄道のダイヤ作成の仕事です。オタクですね(笑)でも、中、高、大の頃は本当にこの仕事がやりたかった。けっきょく、就職活動で鉄道会社を全落ちし、夢は絶たれることになるのですが。



番組では、東京メトロの名物スジ屋の方が取り上げられていました。前の電車との間隔が他の電車と比べて20秒長いために混雑や遅れが恒常化しているたった一本の電車のダイヤを修正するために奔走する様子が描かれていました。



番組を観るまでは、東京メトロのダイヤ作成など、ただ規則的に電車を走らせるだけで面白みも何も無いと思っていました(すみません)が、見方が変わりました。緻密で大変だが実にやりがいのある仕事だと思います。今でもやってみたいくらいです。



「もしあのときどこかの鉄道会社に入っていたら…」と思うことがあります。今ごろどこかの線のダイヤを作ったりしていたのかもしれません。あるいは、やはり辞めていたのでしょうか。



でも、それは意味の無い問いです。もうあの頃には戻れないのですから。何かを選ぶには何かを棄てなければなりません。非情ですが仕方のないことです。



そんな内容を綴った『あいつとの決別』という歌を書き上げたところです。
スポンサーサイト
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。