スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆キャンプ

8月22日(土)~23日(日)にかけて、はなみん主催の『絆キャンプ』に参加してきました。今回のキャンプの趣旨は、新たな出逢いを作ることではなく、おなじみの仲間との絆を深めること。そのため、参加者のほとんどが知っている人でした。そういう意味では、7月に参加した海の家キャンプとは真逆に近い状況といえるでしょう。



集合は本厚木に12時でしたが、せっかく小田急線に行くならばと、かねてから気になっていた千代田線直通のロマンスカーに乗ることにしました。これに乗ると北千住から町田まで一本で行けちゃいます。

ロマンスカーチケット
ロマンスカーチケット『地下鉄北千住⇒町田』

やはりロマンスカーは快適でした。千代田線内では先行列車をまったく追い越さないのでちっとも早くないのですが、いつも見慣れた千代田線の光景もロマンスカーから見ると一味違って見えるから不思議なものです。



町田で降りて、発車していくロマンスカーを撮影しようとしましたが、ぶれてしまってうまく撮れませんでした。

ぶれぶれロマンスカー
ぶれぶれロマンスカー

ロマンスカーの時刻に合わせたので、10時30分過ぎには本厚木に着いてしまいました。デパートで買い物をしたり、食事をしたりして、時間をつぶしました。



本厚木12時40分発の宮ヶ瀬行きのバスで出発しました。昨年冬のおんぷキャンプで行った清川村を通過しつつ降り立ったのは、その名も『三叉路』というバス停。

三叉路
『三叉路』

ここから4キロあまりの道のりをてくてく歩いていきました。あたりは絶景。秘境と呼ぶのがふさわしいようなところです。

秘境
秘境

1時間くらい歩いて、ようやくキャンプ場に到着。目の前に川がある素晴らしいロケーションです。

川だ~!!
川だ~!!

會澤にしては珍しく水着を持っていったので、さっそく川に入りました。足が着く程度の深さでかつ適度な流れのある川はかなり楽しかったのですが、気温がさほど高くなく、水温も低かったので、かなり寒くなってしまいました。寒さで凍えた体を火で温めました。寒さで凍えて目が覚めた2007年冬のおんぷキャンプを思い出します。あの時感じた火のありがたみをもとに、『希望の火種を探して』という曲を書きました。



夜は、バーベキュー、花火など、キャンプの定番ともいうべきもので楽しみました。が、ビールやらチューハイやらチャンポンで8本ほど飲んだところで記憶を失っています。たいきいわく、「同じ話を3回もされた」とのこと。相当面倒くさい絡み酒だったようです。こんなふうだから慕われないんでしょうか!?



気がついたときには、バンガローの布団の上で寝ていました。バンガローに戻った記憶がまったくないので、誰かに運んでもらったりしたのかと思いましたが、周りの話を総合すると、ちゃんと自力でギターを担いでバンガローに戻ったらしいです。酔ってなお意外にしっかりしているのには感心しました。



深夜は、大縄で引っかかった人が一気というゲームをやっていたそうですがまったく知りません。ちなみに、それがもとでたっくんが大変なことになってしまいました。早々に寝てしまい、夜の楽しみをあまり味わえなかったのは残念です。こういうイベントの2回に1回くらいはそんな感じのような気がします。飲み過ぎるクセはなかなか直りませんね。



翌日は10時にチェックアウト。チェックアウト前に川に飛び込んだ猛者が何名かいたようです。でもたっくんは、起き上がることもままならないような状態でした。



行きと同じ道を歩いてバス停まで戻ります。バスが1時間に一本しかないため、当初は10時52分発に乗ることを目指しましたが、みな疲れていることもあり、とても間に合わないことが判明し断念。けっきょく、のんびり歩いて1時間後の11時52分のバスに乗りました。



本厚木で食事をしたあと、有志で温泉に行きました。

温泉
温泉

ここが実に気持ちよかった。2日間の疲れが癒されました。1時間半くらいのんびり入っていました。



さて、今回の絆キャンプ。夜寝てしまったのは残念ではありますが、いつも以上に気楽に楽しめたように思います。それはやはり、気心の知れた仲間とのキャンプだったからでしょう。新たな出逢いも素敵ですが、気心の知れた仲間と絆を深めるのもまたいいものです。今回個人的には、特にこーきとなおとより絆を深められたような気がしています。女の子と深めろと言われそうですが…。



そして、中心になって動いてくれた、はなみん、たっくん、デッチョ、けいこ、たくま。ありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。