スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を壊す~海の家キャンプ in BR湘南~

1週間経ってしまいましたが、先週の3連休のことを書こうと思います。



7月18日~20日までの3連休、たかゆきさんが主催した海の家キャンプ in BR湘南というイベントで、江の島に行きました。

看板を持つDo
片瀬江ノ島駅

初日は、『江の島で宝探し』ということで、指令書に掲載されたさまざまなものを写真に収めてくるゲームをしました。

指令書
写りが悪くてよくわかりませんが、指令書です。

江の島には何度か行ったことがあり、わりと自信があったのですが、何問かはかなり難しく、見つけることができませんでした。

でも、江の島島内を隅々まで回り、痛いけど甘美な想い出のある岩場に久々に行ったりと、かなり堪能しました。

江の島の海
岩場

夕方から、今回のイベントの第一目的であるBeach Rock湘南という海の家で飲み会をしました。

BR湘南

海の家からは、夕日に映える砂浜がきれいに見えました。

BR湘南から見た海辺


宿に帰ってからももちろん飲み会。撮り忘れたので、写真はありません…。



ギターを持っていったので、何人かの前で歌ったりしていました。夜中に海に連れて行かれましたが、海の中に入ることは頑なに拒みました。



1時30分くらいになって、眠気の限界を悟ったので眠りにつきました。



2日目。



この日は朝から地引網に行くため、早起きすることになっていました。いちおう6時くらいに起きましたが、起きてみると様子がおかしい。強風のために地引網が中止になったというのです。中心になって動いていたDoは落胆していましたが、しめしめと二度寝して8時頃起きました。



午前中は地引網に充てる予定だったので、中止になってしまうとかなり時間を持て余します。なかなかやることが見つからず、ずっとBeace Rock湘南でうだうだしていました。



やがて、買い物にでも行くかと動き出した女性陣についていき、江ノ電に乗ることを提案したら、あっさり受け容れられ、江ノ電で鎌倉まで行きました。

江ノ島駅
江ノ電

江ノ電には何度も乗っていますが、乗るたびに楽しい乗り物です。突然道路上に飛び出したり、海と駅しかないところを走ったり、しまいには百貨店の中に突っ込んだり…。いわゆる鉄道マニア以外でも、乗ること自体をこんなに楽しめる乗り物はなかなかないのではないかと思います。

江ノ電から見た江の島

江ノ電の車内から撮った江の島

鎌倉まで行き、そこからはさらに何人かに分かれました。

鎌倉駅


自分は中抜けしなければならない用事があったので、いったん宿に戻りました。



中抜けしていったん都内に戻り、プロデューサーのもとへ行きました。都内は、潮風が心地よい江の島よりずっと暑かったです。



ふたたび江の島に戻ると、すでにBeach Rock湘南でのバーベキューは佳境に入っていました。



富士山
写真ではわかりづらいですが、富士山がきれいに見えました。



この日の自分は妙にテンションが高くて、海辺でサッカーをしたり、さらには詳細を記すのは避けますが、大胆に海でハシャいだりしました。初日は頑なに拒んでいたのですが。



夜の飲み会では、UNO大会が繰り広げられました。UNOをやるのはかなり久しぶりで、ルールを忘れていて奇妙な言動を繰り広げました。自分の状態がUNOであるかどうかすら自信がなくて、



「UNOみたいです」



と言ったら、かなり笑われました…。



UNOは、一位の人がビリの人の顔に落書きをするというルールでやっていました。自分はかなり弱くて、ひどいことになってしまいました。



落書きされるこーへい
顔だけじゃ足りず、体にまで書かれてます。たぶん、4~5回負けてます…。



明け方4時くらいまでUNOをやり続け、落書きされ続けたところで、睡魔の限界が来たので眠りにつきました。



海でハシャぐとか、UNOで落書きされまくるとか、バカバカしく些細なことですが、なんだか壁を壊せたような気がしたのです。今回のキャンプで一番印象に残っているのが、この『壁を壊せた』という感覚です。ほとんどの人が初対面であるにもかかわらず、ノリがとてもよく、こんなにアホできたのは、素晴らしい記憶として残っています。



3日目。



あっけなくも10時過ぎに解散となりました。



そのあとは、何人かでしらす丼を食べに行ったり、付近を散策したりしました。



しらす丼の店
しらす丼
火を通してあるしらすは食べなれた味でしたが、生しらすは絶品でした。



埋まった江ノ電
江ノ電が埋まっているお店がありました。

飛び出す江ノ電
江ノ電が突然路上に飛び出してくるところ。地上から見たのは初めてです。江ノ電が来る前には、係の人が車の流れを止めにかかります。一日中あれをやるのは重労働だろうと思います。



さらに帰りは大和で途中下車して、ひろゆきのラーメン屋に初めて行きました。

富士夢を訪れる一行
富士夢店内
富士夢カウンター前
富士夢ラーメン

夢を実現させた男の絶品の塩ラーメンで、素敵なキャンプの締めくくりをしました。
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。