スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの○○さんのコンサートバイト

丸一日コンサートバイトに明け暮れて、今帰りです。



会場はNHKホール。個人的には紅白歌合戦の会場として印象深い場所です。テレビでしか見たことがなかった楽屋口やステージ裏をナマで目の当たりにし、ひとり興奮してしまいました。



会場に到着してはじめて今日コンサートを開く方の名前を知ることができました。



及川光博さん!!



演歌系からバンド系までわりと幅広くいける會澤康平ですが、正直ノーマークの分野でした。及川さんの楽曲はほぼ知りません。もっと曲をよく知っている方の方がよかったとも思えますが、知らなかった音楽に触れる良い機会だと捉えることにしました。



午前中から昼すぎまでは会場設営でこき使われまくりました(笑)その代わり、ずっとステージ上にいることができました(笑)シュート(?字がわかりません)とかいう照明の当たり具合を確認する作業のため、ステージ上でえんえん一時間以上立ちんぼになったりしました。かなり退屈でもありましたが、ここぞとばかり過去の紅白歌合戦の名場面もここで繰り広げられたんだと感慨にふけったり、このステージ上で自分が歌うイメージをふくらませたりしていました。いつかここで歌ってみたいものです。



開場してからは、グッズ売り場で列をさばいていました。ファンの年齢層はそこそこ高め(さださんのファン層よりは若めだけど…)ですが熱狂的で、そんな妙齢の女性たちがグッズ売り場に列を作って並んでいました。こんなことから、及川さんが良いファンを持っていることが伝わってきました。



開演直後には、ファンからの直筆メッセージとプレゼントを楽屋口まで届けるという大役(笑)を務めました。及川さんの目につくようにプレゼントを並べ、メッセージは見やすいように方向を揃えました。直筆メッセージとプレゼントにきちんと目を通す及川さん。こんなところからも、及川さんのファンを大切にする姿勢を感じました。



そのあと、短い時間ではありましたが、お客様の監視という名目で、ステージのすぐ近くで公演を体感することができました。1階席から3階席までを埋め尽くした何千もの人々が一斉に同じ振り付けで踊っている光景は、ある種異様なものでした。



MCで、「希望が必要だ」というような真面目なことを話していました。「照れ臭いかも知れないけど、恥ずかしくはないし間違っていると思わないから、訴えていきたい」と。ゆるぎない信念を持っている姿がまぶしく映りました。



今回、ほぼはじめて及川さんの世界観に触れました。正直音楽性はあまりピンときませんでしたが、only oneなキャラ設定には多いにみるものがあると感じました。歌ありきというよりも、キャラ設定に沿った歌だというような印象を受けました。そうした統一感のあるキャラ設定によって、熱心なファンを囲い込むことに成功しているようです。



會澤康平もゆるぎない個性を探していかねばと思います。そしていつか、NHKホールのステージに立ってみたいものですね。
スポンサーサイト
プロフィール

會澤康平

Author:會澤康平
1983年3月30日生まれ。茨城県取手市出身。

さだまさしさんに憧れて歌を歌い始めました。

35年もの長きに渡り第一線で活躍し、つらい状況の中でも言わなければならないメッセージを発信し続け、多くの人々に感動と元気を与え続けるさださんを心から尊敬しています。

さださんのような熱い想いと、人々の心を打つ、感情の機微が巧みに表現された楽曲を書ける力を兼ね備えたシンガーソングライターを目指しています。

応援よろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。